こんにちは。
北海道在住、
食と農のコンサルタント、野菜ソムリエ上級プロの
田所かおりです。

2021年に入りだいぶ経過してしまいましたが、
今年もよろしくお願い致します。

先日、年賀状のお年玉当選番号の発表があったようですが、
みなさまはすでに確認されたでしょうか。
(年賀状離れも進んでいるので、
手元に年賀状がない方も沢山いらっしゃると思いますが。)

私はというと、まだ。
締め切りまでまだ時間はたっぷり!
気が向いた時にでも
当選番号の確認をしようと思っています。

ここ数年、年賀状は野菜・果物・植物のイラストを描いています。
干支でも良いのですが、
なんだかつまらなくなってしまって、独自路線へ。
一部ですが、楽しみにして下さる方もいて、
なんとなく続けています。

イラストにするのはその年(厳密にいうと前年)に
深くかかわったものや、
想い入れのあるものをモチーフにしていて、
今年は、石垣島で出会った野菜・果物・ハーブを描きました。
左から、
・オオタニワタリ
・ピパーズ(島胡椒)
・バナナの花
・月桃
・ドラゴンフルーツの蕾

簡単に説明すると、
どれも個性的なお味で、
オオタニワタリは天ぷらが美味しかったですし、
島胡椒は実(種)もさることながら、
ひき肉料理に使うと独特の風味が癖になりますし、
島バナナは甘くねっとりしていて言うことなし、
月桃は葉も実も使われているハーブで清涼感が抜群!
ドラゴンフルーツの蕾は
野菜として食べられるのですが、
ネバっとしていて歯ごたえとほのかな甘みがこれまた美味しい。
そんな感じのラインナップです。
また石垣島に行きたくなってきました。

年賀状の原稿を作る際の具体的な作業としては、
描く品目のピックアップ、
品目ごとに描き色鉛筆で着色し、
スキャナーで取り込み、
色の濃さを調整、
パワーポイントを使ってイラストと文字を配置して
試し刷り。
年賀状に印刷すると、上下左右少し余白がプラスされるので、
印刷しながら調整。
こんな流れで原稿が出来上がります。

コロナ禍で海外に行くことは難しいと思いますが、
また今年も魅力的な野菜・果物・ハーブに出会える年にしたいです。

今日はこのあたりで。
食と農の未来がより豊かになりますように。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事