こんにちは。
北海道在住、
食と農のコンサルタント、野菜ソムリエ上級プロの
田所かおりです。

京都和菓子シリーズ。
今回は、洛叉庵(らくしゃあん)さんのレポートです。

絶品わらび餅で有名なこちら。
完全予約制なので、事前に予約しました。

お店はカフェのような佇まいです。

「四季のわらび餅」を1つ購入しました。

帰宅後、ワクワクしながら開封。

パックにはきな粉が敷き詰められていて、
お箸でつまんでお皿の上へ。
なかなか弾力があります。

お箸で持ち上げると、ゆっくりのびて、

お口の中へ。

とぅるん、ぷるん
とぅるん、ぷるん
とぅるん、ぷるん
なんでしょうかこの食感とのどこしは。

滑らかとしか言いようがない。
やわじゃない、でも強くもない食感です。
飲み込むのに抵抗を感じない、
こんなわらび餅は初めてです。
どうやったらこんなわらび餅が作れるのでしょう。
きな粉もきめ細かくて、一体感があります。

見た目と中身のギャップも凄いですよ。
お値段はお手頃で、
家庭用のお持ち帰りのパックに入っているのに、
中身のお味は超高級。

原材料は、わらび餅粉、砂糖(抹茶、桜の葉)。
表示にはないですが、きな粉も、ですね。

わらび餅の概念が変わりました。

気になった方はぜひどうぞ。

洛叉庵(らくしゃあん)
所在地:京都市北区紫竹下柴本町22
電話:075-494-2551

今日はこのあたりで。
食と農の未来がより豊かになりますように。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事